トップページ>危険な油脂>必須脂肪酸 n3系(オメガ3):85号(2008/9/19)

メールマガジンの公開
次々と報道される農薬・化学物質・カビ毒… 食の安全は崩壊したのでしょうか?
まぐまぐ殿堂入りメルマガ<危険かも?その食事!>を緊急公開します!


必須脂肪酸 n3系(オメガ3)

クースミン医師

クースミン療法ってご存知ですか?日本ではほとんど知られていませんが、ヨーロッパでは難病を治癒させる自然療法として著名な治療法です。私はマクロビオティックとの類似を感じますが、ヨーロッパではマクロビは科学的根拠が希薄である、という理由で受け入れられにくい面があるそうで、このクースミン療法が静かに広がりつつあるそうです。

写真がこの療法の発案者であるクースミン医師。ロシアからの亡命者で、女性小児科医です。ガンで死んでゆく子供たちを救うため、食事による自然療法を確立しました。故人です。

今週はクースミン療法も薦めるn3系、n6系脂肪酸の摂取バランスについてです。

クースミン療法の概要とn3系(オメガ3)脂肪酸の重要性

クースミン療法では、病気は毒素が体内に蓄積された結果起こると考えます。毒素は肝臓で分解されますが、肝臓のキャパシティを超えてしまうと、弱った臓器に蓄積されると考えます。
また、毒素は腸から吸収されます。現代人の腸は、昔に比べて腸壁が弱っているそうです。腸を強化すれば毒素が吸収されにくくなり、臓器への負担が少なくなると考えます。

そこで、病気の元となる毒素(農薬や化学調味料、化学変化した食品)を避け、肝臓を守り、腸を強化することで、毒素を吸収しにくい身体を作ります。その結果、免疫力が増して病気が治り、病気にならない身体ができます。

腸を強化する方法として、クースミン療法では最近になってn3系脂肪酸をバランスよく摂取することを推奨しているそうです。クースミン療法は医師の指導のもとに行います。
興味のある方はクースミン療法を参照ください。

植物油神話の崩壊

かつて肉がスタミナをもたらすという動物性タンパク信仰がありました。いや、今もそう信じている日本人は多いことでしょう。動物性脂肪の摂り過ぎが動脈硬化や心臓病を引き起こすことが知られるようになると、人々は植物性油脂へと向かうようになりました。植物油がコレステロールを下げるといった実験結果が発表されると、その傾向は一気に進んだのです。「植物油は健康によい」というある種の神話が広まりました。企業もテレビCMでこれをあおりました。

植物油ブームが起こり、油料理がひんぱんに食卓にのぼるようになりました。バターに代わってマーガリンが好まれるようになり、植物油が贈答品として多く用いられるようになりました。植物油は体によい、植物油は成人病を防ぐと、誰もが信じていました。

1980年代、アメリカでショッキングな研究結果が発表されました。NCI(米国国立ガン研究所)が20年にわたる研究の末、植物油はコレステロール値や心臓病発生の確率を下げることはなく、それどころかガンの発生率を高めることを公表したのです。

やがて、FDA(米国食品医薬局)は、植物油が心臓病の予防や治療に効果があると主張するのは違法と見なす、との警告を発します。が、同じ頃、日本では相変わらず植物油は健康によいと宣伝され続けました。製油会社はこの米国での状況を知っていたはずです。

現代栄養学では、植物油は酸化しやすく、細胞・組織を変性させ、その過剰摂取がガンを発生させることを明らかにしています。また植物油は血栓をつくり、脳卒中や心臓病を引き起こすことも知られています。さらにはアレルギーや炎症性疾患をひどくし、免疫力を抑制してあらゆる病気にかかりやすくします。植物油も動物性脂肪と同様に、健康を害することが明確にされているのです。

一方で絶対的に不足している n3系(オメガ3)脂肪酸

脂肪酸の摂取バランス

今、日本人は植物油の中でもn6系脂肪酸(オメガ6)を摂取し過ぎています。そのため、相対的にn3系脂肪酸(オメガ3)とのバランスが崩れてしまったのです。
本来、細胞膜を構成したり、ホルモン様物質であるプロスタグランジンの材料となるn6系脂肪酸とn3系脂肪酸のバランスは4:1といわれていますが、10:1かそれ以上にn6系脂肪酸の摂取過多となっています。

ただし、間違っても脂肪の摂取をやめてはなりません。たちまち、生きていけなくなります。細胞が死滅します。ただ、n6系脂肪酸の摂取量を思い切り減らし、ほとんど摂れていないn3系脂肪酸の摂取を増やさなければなりません。

次号ではプロスタグランジンの生成のプロセスとn3系脂肪酸(オメガ3)の詳細、アルファ・リノレン酸(n3系)がEPAやDHAを作り出すプロセスを解説します。

編集後記『<危険かも?その食事!>のバックナンバー公開について』

最近、読者の方から弊誌『危険かも?その食事!あなたが家族の健康をつくる方法』のバックナンバーを読みたいというご要望をたくさんいただくようになりました。ありがたいことです。

実はこのメルマガ、年1回くらいのペースでまとめてバックナンバーを公開するつもりでおりましたが、ついつい時間に流され、1年半以上が経過し、ついに85号を数えるまでになりました。

一念発起し、近々、まとめてpdfベースで有償公開させていただきます。たいへんなボリュームになるので、読んでいただくのもたいへんかと思いますが、それにしても創刊号から毎週、1回の休刊もなく、よくがんばったなと自分を褒めてあげたい気持ちです。

創刊当時は『これからママになるために、あなたのダイエット』というタイトルでした。娘に読ませたい、との思いで書き始めたメルマガだったんです。これからママになる方に一番に読んでほしいという思いは今も変わりません。それはあなたのためではなく、あなたをママに選んでくれた、これから生まれてくる赤ちゃんのために…

これからも創刊当時の初心を忘れず、書き進めてまいります。バックナンバーの公開は1カ月以内に、とお約束して自分にプレッシャーをかけることとします。



【関連情報】
Copyright (C) 2008 食の安全 All Rights Reserved.